2014年03月19日

島根県 黄泉比良坂(よもつひらさか)

出雲大社(いずもおおやしろ)が平成の大遷宮ということで参拝客が大勢訪れた。

場所的には結構離れている気はするが、

鳥取県境港市の水木しげるロードにも観光客が流れてきたようで来ロード人数が増えている。

出雲大社は大国主命を祀っているが、よく聞くのが古事記である。

古事記そのものはまったく読んだことはないが、

近所が舞台になってる神話でもあり最近になって少し興味を持ったりしている。

ということで、島根県揖屋の黄泉比良坂(よもつひらさか)に行ってみた。

いろいろなサイトに云われ等あがっているのでそちらを参考にしてみた。

  『イザナミが亡くなり黄泉の国に行き、

   イザナギが後を追いイザナミを連れ戻そうとするが約束を破り追われてしまう。

   やっとのことで追っ手を振り切り千引の岩で出口を塞いだ。』

   (間違っていたらまた書き直そう…)

場所は鳥取県米子方面から国道9号を島根県松江方面に向かい、

島根県安来市を通り越し荒島・揖屋に至る。

「平賀」という交差点に看板が出ているが、かなりわかりにくい。

9号線を左に折れ、線路の脇に看板発見。

細い道を真っ直ぐ進むと左手のプレハブにまた看板。

あとは山道を少し登っていくと正面にたどり着いた。



駐車場があり5台くらい止めれるようだ。

説明看板なども立っている。
立札.jpg

看板.jpg

揖屋神社.jpg

駐車場の手前に細い道があるので登って左に進んでいくと池があり、

その奥に石の門がある。

入口.jpg

しめ縄がしてあるが、鳥居だろうか。

石碑.jpg
潜ってすぐのところに石版があり、傍らに説明書きのようなものがあったので一部頂いた。

石碑2.jpg
横に石碑があるが、1940年に建てられたものらしい。

門.jpg
そして、千引の岩。

この岩は後に地元の方が建てられたようだ。

ということでこの場所が実際の黄泉比良坂かどうかは不明である。

内側から.jpg

印象としては物凄く狭く、すぐに見て回れる。

岩自体も駐車場のすぐ上あたりにあり見渡せる感じである。

近くに揖屋神社やイザナギが剣を振るった山などがあるようなので、また次の機会に行ってみようと思う。


posted by さかえれいば at 16:07| Comment(0) | 観光地訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。