2014年06月28日

鳥取県 大神山神社本社(おおがみやまじんじゃほんしゃ)

紫陽花の季節ということで大神山神社本社に赴いた。

式内社で御祭神は大穴牟遅神。

米子道、米子ICから車ですぐの場所にある。



ここには紫陽花が2,000本あるようだ。

正面.jpg


参道.jpg


看板.jpg


以前は菖蒲園があったようだが今は残念ながら閉演したようだ。

本殿.jpg


本殿の横あたりから外に出れるようになっておりぐるっと回れるようになっていた。

生憎この日は快晴になってしまった。

狛犬.jpg


紫陽花.jpg


紫陽花2.jpg


紫陽花3.jpg


こちらの宮司さんは大国主命の末裔であるという。

先ほど婚約されニュースになった出雲大社の禰宜さんは天照大御神の子孫だというが、

どういう経緯でこうなってしまったのであろうか。

出雲神話と実際の歴史が興味深く感じられる。


posted by さかえれいば at 17:00| Comment(0) | 花見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

島根県 雲南市 八口神社(やぐちじんじゃ)

島根県雲南市木次町にある八口神社に赴いた。

式内社で御祭神は須佐之男命と櫛名田比売命。

八岐大蛇伝説に関わる地で以前は矢口神社という名前だったようだ。



公園と隣接しており車も停められるようだ。

八岐大蛇に八塩折の酒を飲ませて酔わせ、

近くの草枕山で寝てしまった八岐大蛇をこの地から矢で射ったという。

正面.jpg


狛犬.jpg


本殿.jpg


境内には八岐大蛇退治に使われた八塩折の酒を入れた中の一つの壺が印瀬の壺神として祀られている。

御神木.jpg


木.jpg


また八口神社から少し離れれた場所に尾留大明神旧社地がある。

畑の中の道から少し山に登ると左手にひっそりと佇んでいた。

遠景.jpg


石碑.jpg


尾留大明神.jpg


八岐大蛇の尾を開き天叢雲剣を取り出した場所だそうだ。

草枕山.jpg


遠くに草枕山が見えた。
ラベル:島根県 神社
posted by さかえれいば at 14:00| Comment(0) | 観光地訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

島根県 雲南市 布須神社(ふすじんじゃ)

松江城あたりから出発し雲南市木次の布須神社に赴いた。

googlemapを頼りに出かけたが、目印になるものがなければ印がつけられないようだ。



車で1時間程度の行程だが看板を頼りに辿り着いた。

上り口の道沿いに桜の木が何本か植えてあった。

神社の直前までなんとか車で行けそうだが、舗装はなく非常に危険そうである。

ガードレールもあるはずがなく落ちたら大変なことになるであろう。

鳥居.jpg


看板.jpg


説明書きがあったが水に濡れかなり読みづらい。

折角ガラスが貼ってあるのに裏側から浸水していた。
狛犬.jpg


狛犬と灯篭.jpg


狛犬と花.jpg


式内社で御祭神は須佐之男命と稲田姫命。

本殿はない神奈備式でご神体は御室山。

八岐大蛇を退治する際、御座所を設けた場所。

拝殿内.jpg


御神体.jpg


拝殿の中に入ると鳥居が見える。

看板.jpg


桜の木まで戻り西に少し進むと釜石の看板が見えた。

駐車場はない。

説明書き.jpg


上り坂の入り口に説明書きがあった。

八岐大蛇退治の時にここで素戔嗚尊が「八塩折の酒」を造らせたと云われる石の釜だそうだ。

釜石全景.jpg


釜石.jpg


釜石wide.jpg


山の中で場所が少しわかりにくかった。

説明看板はあったが、駐車場も無く気軽に行ける場所とは云い難い。
posted by さかえれいば at 16:09| Comment(0) | 観光地訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。