2014年03月19日

島根県 黄泉比良坂(よもつひらさか)

出雲大社(いずもおおやしろ)が平成の大遷宮ということで参拝客が大勢訪れた。

場所的には結構離れている気はするが、

鳥取県境港市の水木しげるロードにも観光客が流れてきたようで来ロード人数が増えている。

出雲大社は大国主命を祀っているが、よく聞くのが古事記である。

古事記そのものはまったく読んだことはないが、

近所が舞台になってる神話でもあり最近になって少し興味を持ったりしている。

ということで、島根県揖屋の黄泉比良坂(よもつひらさか)に行ってみた。

いろいろなサイトに云われ等あがっているのでそちらを参考にしてみた。

  『イザナミが亡くなり黄泉の国に行き、

   イザナギが後を追いイザナミを連れ戻そうとするが約束を破り追われてしまう。

   やっとのことで追っ手を振り切り千引の岩で出口を塞いだ。』

   (間違っていたらまた書き直そう…)

場所は鳥取県米子方面から国道9号を島根県松江方面に向かい、

島根県安来市を通り越し荒島・揖屋に至る。

「平賀」という交差点に看板が出ているが、かなりわかりにくい。

9号線を左に折れ、線路の脇に看板発見。

細い道を真っ直ぐ進むと左手のプレハブにまた看板。

あとは山道を少し登っていくと正面にたどり着いた。



駐車場があり5台くらい止めれるようだ。

説明看板なども立っている。
立札.jpg

看板.jpg

揖屋神社.jpg

駐車場の手前に細い道があるので登って左に進んでいくと池があり、

その奥に石の門がある。

入口.jpg

しめ縄がしてあるが、鳥居だろうか。

石碑.jpg
潜ってすぐのところに石版があり、傍らに説明書きのようなものがあったので一部頂いた。

石碑2.jpg
横に石碑があるが、1940年に建てられたものらしい。

門.jpg
そして、千引の岩。

この岩は後に地元の方が建てられたようだ。

ということでこの場所が実際の黄泉比良坂かどうかは不明である。

内側から.jpg

印象としては物凄く狭く、すぐに見て回れる。

岩自体も駐車場のすぐ上あたりにあり見渡せる感じである。

近くに揖屋神社やイザナギが剣を振るった山などがあるようなので、また次の機会に行ってみようと思う。


posted by さかえれいば at 16:07| Comment(0) | 観光地訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

地元が観光地だということにきづく

鳥取県という県のイメージが「砂漠」、「砂丘」、「スタバのない唯一の県」と言われているが、まったくその通り。

ただ他の県にもよくある話で、西と東で大きく分かれておりイメージの一つである「砂漠」は東のほうである。

まあ鳥取県は県の面積も順位でいうとかなり狭いほうであり、移動にそこまでの時間はかからない。

とはいえ公共交通機関が発達しているわけでもなく、新幹線も通っていない。

人口が都道府県別でダントツの最下位なので仕方がないといえば仕方がない。

少し前まではカレー消費量全国一位だったようだが、それも昔の話。

らっきょうの収穫量が日本一だったというところに少しなごりがあるのだろうか。

鳥取といえば「カニ」か「梨」というのが地元のイメージだと思っていたが、ズワイガニの漁獲量全国二位。

「梨」の出荷量全国五位、と微妙だ。

そんな鳥取県だが、なぜか水木しげるロードに人が来る。

お金をあまり使わなくていいので手軽な行楽地なのかもしれない。

最近TVのCMで、「べた踏み坂」という橋が映っている。

水木しげるロードから車で5分程度という場所なのでついでに寄れる感じである。

ただそこの写真を販売していると聞き、タクマシイと感じた。

観光地が他にないか考えてみると、三徳山というところがある。

ただ、私は行ったことがない。

人から聞いたりするところによると、結構な山道で木の根っこをよじ登る感じらしい。

まあ時間がある時にいってみようと思う。

最近ちょっと話題になった出雲大社が近からず近からず…

御祭神である大国主命の話が鳥取県にもある。

いなばの白兎という話だ。

他の話も少なからずある。

ゆかりのある場所や神社もあるので行ってみたいと思っている。

いつ行けるかなぁ…。べた踏み坂.gif

ラベル:観光地
posted by さかえれいば at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。